Top >  各地の沈下橋(冠水橋) >  沈下橋(冠水橋)とは

沈下橋(冠水橋)とは

chinkabashi-2ko.png

四国の四万十川にあるコンクリート製の沈下橋は有名ですが、
何も四国まで行かなくても沈下橋が見られます。

四万十川には支流も含めて47の沈下橋があり、
確かに数も規模もすごいですが、
関東では荒川水系の充実ぶりが目を引きます。

なお、ここでは代表して沈下橋(冠水橋)と呼んでいますが、
潜水橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋などともいわれているそうです。


沈下橋(冠水橋)は、洪水時に橋自体が水面の下に沈んでしまうため
そのように呼ばれていますが、
古い木の橋もそのほとんどは沈下橋の一種です。

ここでは木の橋は別にして、
コンクリート製の四万十川にあるような沈下橋や
鋼鉄製の古い橋をご紹介していきます。

トップページ  |  次の記事 調べてみたらこんなにあった、沈下橋(冠水橋)  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」