Top >  可動橋を訪ねる >  羽田可動橋と水門と浜辺の公園を訪ねる

羽田可動橋と水門と浜辺の公園を訪ねる

天空橋駅⇒稲荷橋⇒穴守稲荷神社⇒(A)南前堀水門⇒(B)北前堀水門
⇒大森緑道公園⇒羽田可動橋⇒(C)呑川水門⇒(D)貴船水門
⇒ふるさとの浜辺公園⇒(E)内川水門⇒平和の森公園⇒大森海岸駅(⇒大森駅)

hanedakadoukyou-map2.png

hanedakadoukyou-map1.png

天空橋駅から穴守稲荷へ

出発駅としては穴守稲荷駅の方が近いのですが、
天空橋駅はモノレールも利用できるので、
利便性を考えて決めました。
どちらか都合の良い駅からスタートして下さい。

なお、モノレールの天空橋駅で降りた場合は、
改札を出てすぐ右側にある京浜急行の駅に一旦降りて
道路の反対側の出口から出るのが便利です。

tenkuubashieki.png

写真の左がモノレールの駅、右が京浜急行の駅です。

京浜急行の西側の出口から出て左側に進み、稲荷橋を渡ります。
道なりに進むと大きな道(国道131号線)に出るので
そのまま進むとすぐ左側に穴守稲荷神社があります。


穴守稲荷から北前堀水門へ

穴守稲荷からは再び大きな道に戻り、
蒲田方面(西方向)に進みます。

すぐに羽田旭町交差点があるので、
ここを右折し道路を突っ切ります。

角にあるホテルJALシティの横を過ぎ、
400mほど進むと
高速道路の高架橋と旭橋があります。

橋を渡ってここを右に曲がると
600mくらい先に南前堀水門があります。
水門の近くまで行く場合は、
羽田中学校のところを回って反対側に行きます。

川沿いの道を北に進み、
突き当りを道なりに左に曲がって100m先が北前堀水門です。
さらに250mほど先の橋を右折して渡り、300m先には
呑川の橋があります。

2つの水門を見ないで羽田可動橋に行く場合は
旭橋を渡ってしばらく直進します。


北前堀水門から羽田可動橋へ

呑川の橋を渡ってすぐ右折し、川沿いの道を東方向に進みます。
この道の先が大森緑道公園で、
600mくらい先のつきあたりを少し左に行くと、
堤防から川の近くに入れます。

ここから羽田可動橋が一望できます。
また、排水路を挟んだ先も自由に立ち入りできるため
羽田可動橋が更に間近に見られます。

hanedakadoukyou-zentai.png

羽田可動橋からふるさとの浜辺公園へ

更に道なりに進んで高速道路脇の遊歩道をしばらく歩きます。
1200mくらい先のつきあたりに見えるのが呑川水門です。
遊歩道は水門から反対側に続いているので、ここを渡ります。

suimonc&d.png

更に300mほど進むと貴船水門が現れます。
この水門は通れないので水門の前を通り過ぎ、
200mくらい先の川がなくなるところで2回右折し、
同じ川の反対側を戻って水門の反対側に回ります。
すぐ先がふるさとの浜辺公園です。

hamabekouen.png


ふるさとの浜辺公園から大森海岸駅へ

浜辺に沿った道を進み、
正面の橋を渡るとき、右には内川水門が見えます。

suimone&nori.png

              内川水門(左)と大森海苔のふるさと館(右)

公園を更に進み、大森海苔のふるさと館の前を過ぎると、
弓道場とアーチェリー場が遊歩道の左側にあります。
このあたりが平和の森公園です。
大きな通りの下をくぐり、再び公園内を進みます。

kouen&heiwajima.png

                平和の森公園(左)と平和島競艇場(右)

公園にはアスレチック施設など子供の憩いの場がたくさんあります。
そして、公園を出た正面がお父さんの憩いの場、平和島競艇場です。

ここを左折し、突き当りを右折して約500m進むと左側にあるのが
京浜急行の大森海岸駅です。

JR大森駅はそれより約1キロ西です。

しながわ水族館に行くには、
公園を出てすぐ右側のビッグファン平和島という
大型商業施設の前を通りぬけます。
橋を渡ると左側にすぐしながわ水族館があります。

 

 <  前の記事 羽田可動橋(東京都大田区)  |  トップページ  |  次の記事 ブルーウイングもじ  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」