Top >  可動橋を訪ねる >  筑後川昇開橋 もっと便利でお得な行き方

筑後川昇開橋 もっと便利でお得な行き方

筑後川昇開橋まで行くには、公式には
「佐賀駅バスセンターから早津江方面、昇開橋展望公園前バス停下車」
または、
「西鉄柳川駅から筑後川昇開橋行き、兼木、東町経由」
となっていますが、更に調べてみると、
もっと良い行き方を発見しました。

上の路線では1時間に1本とか、昼間の時間帯に3本だけとか、
かなり不便なバスダイヤでしたが、
近くを通る別のバス路線を活用すると、
かなり便利に行けることが分かりました。

佐賀駅からはこの3路線が利用できます。

(1)佐賀駅バスセンター ⇒ 諸富・早津江行き(大崎・光法経由)
 諸富橋バス停下車 佐賀市営バス 日中は1時間に1本
 最初に紹介したバス路線です。

(2)佐賀駅バスセンター ⇒ 諸富・橋津行(朝日町・光法・諸富橋経由)     
 諸富橋バス停下車 佐賀市営バス 日中は1時間に1本

(3)佐賀駅バスセンター ⇒ 西鉄柳川駅
 諸富橋バス停下車 西鉄バス 日中は1時間に1本


つまり、1時間に3本あることになります。
しかも、諸富橋までなら420円で済み、
その1つ先の昇開橋展望公園前まで行くと480円になるので、
少し余計に歩くだけでお金を節約することができます。

ちなみに諸富橋バス停から昇開橋展望公園前バス停までの距離は、
400mくらいしかありません。


同様に西鉄柳川駅方面のバスも、
上の(3)が利用できます。 chikugogawa-hashimap2.png

上の赤丸が「諸富橋バス停」で、下の赤丸が「昇開橋展望公園前バス停」です。

このように少し歩くだけでバスの本数は3倍になり、値段も安くなります。

 <  前の記事 東洋一の規模、筑後川昇開橋(旧佐賀線諸富鉄橋)  |  トップページ  |  次の記事 羽田可動橋(東京都大田区)  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」