Top >  沈下橋(冠水橋)を訪ねる >  小貝川の沈下橋を訪ねる(その6) 小目沼橋 小貝川に唯一残る本格的な流れ橋

小貝川の沈下橋を訪ねる(その6) 小目沼橋 小貝川に唯一残る本格的な流れ橋

【コース】
(その1)コースの概要 みどりの駅~守谷駅

(その2)桜の名所と根通用水路の4つの橋(1)
     みどりの駅→福岡大堰→根通用水路の第1の橋→根通用水路の第2の橋→

(その3)桜の名所と根通用水路の4つの橋(2)
     →福岡橋→根通用水路の第3の橋→根通用水路の第4の橋→

(その4)常総橋 やや高い位置に架かる沈下橋
     →水門→▼常総橋→大和橋→

(その5)川又橋 典型的な沈下橋
     →▼川又橋→伊奈橋→谷原大橋→小貝川橋(常磐自動車道)→

(その6)小目沼橋 小貝川に唯一残る本格的な流れ橋
     →▼小目沼橋→もりやみらい橋・小貝川橋梁→守谷駅

 

「小目沼橋」とは

常磐道とつくばエクスプレスのほぼ中間、
小貝川の流れが東方向から南南西方向に大きく変わる途中に、
目的の小目沼橋はあります。

地図を拡大して見ると、
両側の高い土手から低い位置に架かる小目沼橋を結ぶ
スロープの道がはっきりと分かります。

小目沼橋は橋脚や梁を含めて、すべて木造の本格的な橋です。
流れ橋らしく、欄干がなく、縁が5,6センチ高くなっているだけで、
渡っている時は少々恐怖感があります。

 

kokaigawa-omenumabashi1.png

 このあたりになると川幅が広がり、水面まで近いため、
かなり本格的な雰囲気となっています。

kokaigawa-omenumabashi2.png

 この日は水量が多めでしたが、元々橋の位置が低いため、水面は手を伸ばせば届きそうな近さです。

kokaigawa-omenumabashi3.png

 欄干がないので、よそ見をしていると落ちそうで少し怖くなりそうでしたが、
釣りを楽しんでいる人たちがいました。

kokaigawa-omenumabashi4.png

橋の側面も、橋脚もすべて木でできています。

kokaigawa-omenumabashi5.png 

 橋の裏側もすべて木でできています。
また流れ橋らしく、ワイヤーが取り付けられていました。

 

kokaigawa-kokaigawakyouryou.png

もりやみらい橋はつくばエクスプレスの小貝川橋梁と並んで同じ橋脚に架かっています。

moriyaeki01.png

ここまでは歩き始めて4時間ちょっとかかりました。

 

「小目沼橋」と他の有名な橋との比較

日本国内にある流れ橋や木の橋と比較して、
「小目沼橋」より長い流れ橋や木の橋はほとんどありません。

長い流れ橋としては、木津川に架かる「上津屋流れ橋」が最も有名ですが、
橋脚の一部が鉄筋コンクリート製だったり、
水面からの橋の位置が「小目沼橋」の上流にある「常総橋」以上に高いことや、
流れ止めのワイヤーがむき出しになっていることなど、
その印象はかなり異なります。

また、長い木の橋としては、大井川に架かる「蓬莱橋」が有名です。
しかし、蓬莱橋は橋脚がすべて鉄筋コンクリート製で、
きちんとした欄干のある木の橋です。

そして、橋の架かる高さは「上津屋流れ橋」と同様、
土手の高さと同じくらいの高い位置にあります。

「小目沼橋」のように水面に近い低い位置に架かる流れ橋は
小さな橋では良く見かけますが、
これほど長い橋は大変珍しくなっています。

また、あまり見えない橋脚や梁まですべて木造という点でも
「小目沼橋」は大変珍しく、貴重な存在です。

 <  前の記事 小貝川の沈下橋を訪ねる(その5) 川又橋 典型的な沈下橋  |  トップページ  |  次の記事 青森ラブリッジ  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」