Top >  沈下橋(冠水橋)を訪ねる >  久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その1~ 概要

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その1~ 概要

hirayamabashi0.png

久慈川とその支流には数多くの沈下橋(地獄橋)が残っています。

そのうち久慈川本流には5つ存在しますが、
上流の2つはそれぞれ他の橋と離れた場所にあるので、
徒歩や列車を利用して一日で回るのは厳しいと思います。

私の場合、上流の2つは水郡線を利用し、下流側の3つは別の日に徒歩でめぐりました。


常陸大子駅付近から下流の駅と主な橋(道路橋のみ)

 ●常陸大子駅 
・松沼橋
・湯の里大橋 
・久慈川橋 
▼久野瀬橋 流れ橋タイプの木造の沈下橋(地獄橋)で、久慈川唯一
・南田気橋
 ●袋田駅 
・昭和橋
・下津原橋
・鰐ヶ淵橋
・奥久慈橋
・上小川橋
 ●上小川駅 
・宮平橋
・御城橋
 ●西金駅 
・西金大橋
・大内野橋
・下小川橋
 ●下小川駅 
▼平山橋  流木よけと橋脚が鋼鉄製で路面が赤く塗られたコンクリート製の橋です
・舟生橋
 ●中舟生駅 
・岩井橋 
 ●山方宿駅 
・小貫橋 
 ●野上原駅 
・辰ノ口橋 
 ●玉川村駅 
・富岡橋
 ●常陸大宮駅 
・宇留野圷橋
 ●静駅 
・栄橋
 ●瓜連駅 
・木島大橋
▼木崎橋  鋼鉄製の橋脚、梁、流木よけが赤色に塗られたコンクリート製の橋です
 ●額田駅 
 ●河合駅 
・幸久橋
・幸久大橋
▼落合橋  鋼鉄製の橋脚、梁、流木よけが赤色に塗られたコンクリート製の橋です
・久慈川橋
・榊橋
▼竹瓦橋  黄色い鋼鉄製の梁と橋脚が印象的なコンクリート製の橋です
・留大橋
▼留橋跡  常磐線の鉄橋の約100m上流にあった橋です。
・久慈大橋

(▼:沈下橋 ・:その他の橋 ●:JR水郡線の駅)


このように、久慈川には少なくとも5つの沈下橋(地獄橋)がありますが、
上流の2つは距離が離れているので、徒歩のみでめぐるのは困難です。

また、水郡線は本数がかなり少ないため、列車を利用しても効率が悪いのが欠点です。
なお、必ずしも駅や橋の数と距離は比例しませんが、ある程度の参考にはなると思います。

【久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり 目次】

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その1~ 概要

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その2~ 久野瀬橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その3~ 平山橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その4~ 木崎橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その5~ 落合橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その6~ 竹瓦橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その7~ 留橋跡

 <  前の記事 青森ラブリッジ  |  トップページ  |  次の記事 久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その2~ 久野瀬橋  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」