Top >  各地の沈下橋(冠水橋) >  里川(久慈川の支流)の沈下橋(地獄橋) 平成23年9月の台風15号による影響

里川(久慈川の支流)の沈下橋(地獄橋) 平成23年9月の台風15号による影響

最下流の八幡橋と新落合橋を見る時間はありませんでしたが、
他の橋については30キロくらい上流まで見に行ったところ、
5つの木の橋が流され、2つの橋が一部損壊となっていました。


【流されてしまった橋】

▼大平橋? (名称不明 冷水場バス停付近の一本橋)

元々そうなのか、今回の台風で流されたのかは不明ですが、
コンクリート製の橋脚の上には何もなく、木の板は川岸に放置されていました。

tf15-ohirabashi1.png

▼地徳橋

右岸寄りの橋脚2基と橋の上部が流され、
橋の上部は残った部分につながったまま左岸下流側に放置されていました。
橋脚が流出したことから、復旧にはかなりの時間を要すると考えられます。

tf15-jitokubashi1.pngtf15-jitokubashi2.png

▼堰下橋

ワイヤーで流れ止めをしていなかったようで、
流木よけと橋脚が1基流され、橋の上部は流されてどこかに行ってしまいました。

まだ架け替えられたばかりと思えるきれいな橋だっただけに残念です。
復旧にはかなりの時間を要すると思われます。

tf15-sekishitabashi1.png

tf15-sekishitabashi2.png

 流されてしまった橋はここにありました↓↓↓ 一つ下流側の田渡橋です

tf15-tawataribashi1.png

 

▼田渡橋

堰下橋の上部(床板と梁をつなげたもの)がここまで流されていました。

構造的には被害を受けなかった白羽橋や根本橋と同じですが、
流されてきた堰下橋の橋の上部が直接衝突して、そのあおりを受けたような印象です。

写真に見える赤茶色の木の構造物が堰下橋のものであることが、すぐに分かります。
なお、田渡橋の橋の上部はワイヤーにつながれた状態で右岸下流側に残されていました。

鋼鉄製の橋脚が残されているので、復旧は早そうです。

tf15-tawataribashi1.png

tf15-tawataribashi2.png

tf15-tawataribashi3.png

 

▼西宮橋

この橋も橋の上部が流され、右岸下流側にワイヤーにつながれた状態で残っていました。
橋脚が無事だったことから、復旧は早そうです。

tf15-nishimiyabashi1.png

tf15-nishimiyabashi3.png

 

【一部が壊れた橋】

▼日光内橋の下流の橋

赤茶色の鉄板の橋は右岸の橋台周辺が浸食されていました。

tf15-nextnikkounai.png

 

▼十ケ上橋

欄干の一部が欠損していましたが、橋そのものには影響はありませんでした。

tf15-jiugakamibashi.png

 <  前の記事 里川(久慈川の支流)の沈下橋(地獄橋) その8 新落合橋  |  トップページ


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」